通関士の難易度

あなたにピッタリの資格が見つかる!

通関士の本当の難易度とは?

通関士は一昔前より試験の難易度が高くなり、合格率は1桁台になります。 それでは通関士の難易度を理解するために、詳しく合格率を見ていきます。

  受験者数 合格者数 合格率
平成25年 8,734人 1,021人 11.7%
平成24年 8,972人 769人 8.6%
平成23年 9,131人 901人 9.9%
平成22年 9,490人 929人 9.8%


平成18年度に試験方式が変更される以前は10~20%程度で
推移していたのですが、その後は一桁に留まることが増えています。

では、この合格率から通関士の難易度はどうなのかというと、
合格率が示す通り難易度の高い試験です。

しかし、同じ合格率が一桁台の行政書士や社労士と比べて
合格しやすい試験に感じると思います。

通関士は確かに合格率の低い試験ではありますが、
それほど受験者のレベルが高いわけではありません。

通関士を受験する方は、通関業務に携わっている人が多く、
その業界は仕事が非常に忙しいので、
しっかりと受験対策が出来ないのです。

そうした受験者が多くなるので、
当然合格率も低くなる傾向にあります。

しかし、そうはいっても通関士は難易度の高い試験なので、
しっかりとした受験対策が必要です。

講義を視聴しながら、学習ポイントを掴み、
そして300時間くらいの勉強が必要になります。
ですので、これから通関士を受験する方は、
ある程度の学習期間が設けて取り組んで下さい。


資格の難易度ランキング

難易度S社会保険労務士

今回紹介した5つの資格の中で社会保険労務士(以下社労士)はもっとも、難易度の高い試験です。その背景にある一番のネックは試験範囲の広さにあります。 社労士は、「労働基準法及び労働安全衛生法」、「労働者災害補償保険法」、「雇用保険法」、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」、「健康保険法」、「厚生年金保険法」、「国民年金法」、「労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識」の8科目から構成され… 続きはコチラ

難易度A行政書士

行政書士はいわずと知れた国家資格です。その試験の難易度は、合格率が10%を 下回っています。まずは下記をご覧下さい。 平成15年 2.8% 、平成16年 5.3%、 平成17年 2.6% 、 平成18年 4.79%、 平成19年 8.64%、 これは過去5年の合格率ですがどの年も厳しい数字となり、平成15・17年度は 2%台です。100人受けて2人程度しか合格できない計算になります。 これが数字でみる行政書士の難易度です… 続きはコチラ

難易度Bファイナンシャルプランナー2級

今回はファイナンシャルプランナー2級(以下FP2級)の難易度について、話を進めて いきます。 何故なら3級もありますが、実際に仕事の現場で使える知識は2級以上で、就職・転職する際に 採用担当者にアピールできるのも2級からです。 それでは難易度を知る上で客観的なデーターとなるFP2級の合格率をみてみます…続きはコチラ

難易度B通関士

通関士は一昔前より試験の難易度が高くなり、合格率は1桁台になります。中略… 上記を見てもわかるように通関士の合格率は数字に開きがあります。 その理由としては平成18年度に試験方式が変更した事で、受験者がその対策しきれなかったことにあります。 ただ、平成20年度にはまた合格率が2桁台になりましたが、 今後は受験者を減らす傾向にあるので、一桁台が続くと予想されます。 …続きはコチラ

難易度B宅建

宅地建物取引士(以下宅建)は知名度の高い国家資格です。では早速、合格率を みてみましょう!中略…合格率は毎年ほど一定で、10人受けて2人も合格できないので、難易度の高い資格と 言ってよいと思います。 ただし宅建の受験者は、働きながら勉強する人が多いので、勉強時間を確保できずしっかりと 受験対策をしてきている人は、思いのほか少ないと感じます。 ですので、合格率は低いですが、まったく宅建の知識がない人でも努力をすれば…続きはコチラ

宅地建物取引士の本当の難易度は?

宅地建物取引士(以下宅建)は知名度の高い国家資格です。
では早速、合格率を みてみましょう!

  受験者数 合格者数 合格率
平成25年 186,304人 28,470人 15.3%
平成24年 191,169人 32,000人 16.7%
平成23年 188,572人 30,391人 16.1%
平成22年 186,542人 28,311人 15.2%


合格率は毎年ほぼ一定で、10人受けて2人も合格できないので、
難易度の高い資格と言ってよいと思います。
ただし宅建の受験者は、働きながら勉強する人が多いので、勉強時間を確保できずしっかりと 受験対策をしてきている人は、思いのほか少ないと感じます。
ですので、合格率は低いですが、まったく宅建の知識がない人でも努力をすれば、 4~5ヶ月の勉強で合格することも可能です。
もちろん簡単な試験ではありません。
書店でテキストを買ってきて、少し勉強しただけでは決して合格できません。
不合格している人達はほとんどこのような勉強です。

中には宅建の試験は簡単だという人はいますが、
決してそれに惑わされないで下さい。
今の試験は事例問題も多く、法律を暗記しただけでは対応できません。
もしほんとに簡単な試験なら、合格率が20%を下回ることはありえないはずです。

合格するポイントは試験科目を理解することです。
宅建は科目ごとの出題数や試験範囲も異なるため、どの科目が点数を取りやすく、
どの科目が難しいのか把握することからはじめます。
そして点数の取りやすい科目を見つけたら徹底的に勉強して、
確実に解けるようにする、このことが大切です。
中には権利関係のように学習範囲に民法も入ってくる厄介な
科目がありますので、そこに時間を取られすぎ、
得点源となる科目をおろそかにして不合格になるパターンがあります。
宅建の合格基準は全50(1問1点)の内35点取れればほぼ合格できまので、 どうやったら35点取れるかそこをしっかりと考えてください。

次に基礎問題は正確に解けるようにして下さい。
宅建は基礎問題が多く出題され、簡単な問題を確実に解けるようにするのが合格への近道です。
受験者の中には基礎問題をおろそかにして、難しい問題ばかり時間を使い、
結局基礎問題が解けない人が多く見受けられます。
よく宅建の講師が言うには合格する人は基礎問題で確実に点数を稼いでいて、
逆に不合格になる人は基礎問題が出来ていない。

ですので、簡単な問題だと馬鹿にしないで、
しっかりと基礎を固めることが大切です。
これらのようなことを注意して勉強してください。


資格の難易度ランキング

難易度S社会保険労務士

今回紹介した5つの資格の中で社会保険労務士(以下社労士)はもっとも、難易度の高い試験です。その背景にある一番のネックは試験範囲の広さにあります。 社労士は、「労働基準法及び労働安全衛生法」、「労働者災害補償保険法」、「雇用保険法」、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」、「健康保険法」、「厚生年金保険法」、「国民年金法」、「労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識」の8科目から構成され… 続きはコチラ

難易度A行政書士

行政書士はいわずと知れた国家資格です。その試験の難易度は、合格率が10%を 下回っています。まずは下記をご覧下さい。 平成15年 2.8% 平成16年 5.3%、 平成17年 2.6%、 平成18年 4.79%、 平成19年 8.64%、 これは過去5年の合格率ですがどの年も厳しい数字となり、平成15・17年度は 2%台です。100人受けて2人程度しか合格できない計算になります。 これが数字でみる行政書士の難易度です… 続きはコチラ

難易度Bファイナンシャルプランナー2級

今回はファイナンシャルプランナー2級(以下FP2級)の難易度について、話を進めて いきます。 何故なら3級もありますが、実際に仕事の現場で使える知識は2級以上で、就職・転職する際に 採用担当者にアピールできるのも2級からです。 それでは難易度を知る上で客観的なデーターとなるFP2級の合格率をみてみます…続きはコチラ

難易度B通関士

通関士は一昔前より試験の難易度が高くなり、合格率は1桁台になります。中略… 上記を見てもわかるように通関士の合格率は数字に開きがあります。 その理由としては平成18年度に試験方式が変更した事で、受験者がその対策しきれなかったことにあります。 ただ、平成20年度にはまた合格率が2桁台になりましたが、 今後は受験者を減らす傾向にあるので、一桁台が続くと予想されます。 …続きはコチラ

難易度B宅建

宅地建物取引士(以下宅建)は知名度の高い国家資格です。では早速、合格率を みてみましょう!中略…合格率は毎年ほど一定で、10人受けて2人も合格できないので、難易度の高い資格と 言ってよいと思います。 ただし宅建の受験者は、働きながら勉強する人が多いので、勉強時間を確保できずしっかりと 受験対策をしてきている人は、思いのほか少ないと感じます。 ですので、合格率は低いですが、まったく宅建の知識がない人でも努力をすれば…続きはコチラ

ファイナンシャルプランナーの本当の難易度は?

今回はファイナンシャルプランナー2級(以下FP2級)の難易度について、話を進めて いきます。
何故なら3級もありますが、実際に仕事の現場で使える知識は2級以上で、就職・転職する際に 採用担当者にアピールできるのも2級からです。

それでは難易度を知る上で客観的なデーターとなるFP2級の合格率をみてみます。
(学科)
2014年5月・・・14,577(受験者数)→43.40%(合格率)
2014年1月・・・15,683(受験者数)→31.46%(合格率)
2013年9月・・・14,214(受験者数)→40.95%(合格率)
(実技)
2014年5月・・・10,698(受験者数)→62.28%(合格率)
2014年1月・・・13,068(受験者数)→59.9%(合格率)
2013年9月・・・11,546(受験者数)→48.51%(合格率)

合格率は、学科と実技によって異なりますが、40%前後で推移しています。
他の国家資格と比べれば高めですが、学科は10%台まで落ち込むこともあるので、簡単に 合格できる試験ではありません。
さらにFP2級は試験範囲が6科目もあり、その中で勉強しなければいけない項目が50以上も あります。この範囲の広さが受験者を悩ませている要因のひとつでしょう!
又タックスプランニングやライフプランニングなど普段聞きなれない科目もありますので、 戸惑いながら勉強することになります。

FP2級試験を攻略する上で大切なのが、ポイントを絞って学習することです。
科目によっては、頻繁に試験に出る項目やそうでない項目がはっきりと分かれています。
試験範囲が広いので、1~10まで勉強していたのでは大変です。
特にFPは働きながら勉強をする人達が多く、無駄に勉強している暇はないはずです。
過去の試験傾向を分析して、何処を重点的に勉強していくべきか見極めることが大切です。

しかし初学者がいきなり過去問を分析しながら勉強するのは困難なので、自身のない方は、 通信講座を利用して攻略法を学んでください。
お金はかかりますが、3~4万円程度でよい教材を提供する通信講座もあります。
しかも日本FP協会に認定されているところなら、提案書を作成するだけで、試験合格後に AFPの称号も得ることが出来ます。
AFPはFP2級より知名度があり、就職・転職にも有利なりますから、 決して損はないはずです。


資格の難易度ランキング

難易度S社会保険労務士

今回紹介した5つの資格の中で社会保険労務士(以下社労士)はもっとも、難易度の高い試験です。その背景にある一番のネックは試験範囲の広さにあります。 社労士は、「労働基準法及び労働安全衛生法」、「労働者災害補償保険法」、「雇用保険法」、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」、「健康保険法」、「厚生年金保険法」、「国民年金法」、「労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識」の8科目から構成され… 続きはコチラ

難易度A行政書士

行政書士はいわずと知れた国家資格です。その試験の難易度は、合格率が10%を 下回っています。まずは下記をご覧下さい。 平成15年 2.8% 、平成16年 5.3%、 平成17年 2.6% 、 平成18年 4.79%、 平成19年 8.64%、 これは過去5年の合格率ですがどの年も厳しい数字となり、平成15・17年度は 2%台です。100人受けて2人程度しか合格できない計算になります。 これが数字でみる行政書士の難易度です… 続きはコチラ

難易度Bファイナンシャルプランナー2級

今回はファイナンシャルプランナー2級(以下FP2級)の難易度について、話を進めて いきます。 何故なら3級もありますが、実際に仕事の現場で使える知識は2級以上で、就職・転職する際に 採用担当者にアピールできるのも2級からです。 それでは難易度を知る上で客観的なデーターとなるFP2級の合格率をみてみます…続きはコチラ

難易度B通関士

通関士は一昔前より試験の難易度が高くなり、合格率は1桁台になります。中略… 上記を見てもわかるように通関士の合格率は数字に開きがあります。 その理由としては平成18年度に試験方式が変更した事で、受験者がその対策しきれなかったことにあります。 ただ、平成20年度にはまた合格率が2桁台になりましたが、 今後は受験者を減らす傾向にあるので、一桁台が続くと予想されます。 …続きはコチラ

難易度B宅建

宅地建物取引士(以下宅建)は知名度の高い国家資格です。では早速、合格率を みてみましょう!中略…合格率は毎年ほど一定で、10人受けて2人も合格できないので、難易度の高い資格と 言ってよいと思います。 ただし宅建の受験者は、働きながら勉強する人が多いので、勉強時間を確保できずしっかりと 受験対策をしてきている人は、思いのほか少ないと感じます。 ですので、合格率は低いですが、まったく宅建の知識がない人でも努力をすれば…続きはコチラ

社会保険労務士の本当の難易度は?

今回紹介した5つの資格の中で社会保険労務士(以下社労士)はもっとも、
難易度の高い試験です。その背景にあるのは試験範囲の広さにあります。

社労士は、「労働基準法及び労働安全衛生法」、「労働者災害補償保険法」、
「雇用保険法」、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」、「健康保険法」、「厚生年金保険法」、「国民年金法」、「労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識」の8科目から構成され、1科目に対して勉強量もかなり必要です。
一度社労士を勉強したことある方は、
そのテキストの分厚さをみた時は驚いたのではないでしょうか。

次にやっかいなのは、受験者のレベルです。
まずその前に下記の合格率をご覧下さい。

  H25 H24 H23 H22
受験者数 49,292 51,960 53,392 55,445
合格者数 2,666 3,650 3,855 4,790
合格率 5.4% 7.0% 7.2% 8.6%


合格率は行政書士より低く、
さらに受験資格が設けられています。
社労士の受験資格は、短大、大学、高等専門学校卒以上となっていて、
受験者の基礎学力も高いといえます。
つまり行政書士よりも受験者のレベルが高くなるのです。
その上で、一ケタ台の合格率ですから、
合格するには努力が必要だと認識してください。

ここまで、説明だと合格するのは不可能と思ってしまうかも知れませんが、
今回紹介した資格はあくまでも働きながら勉強して合格できるのが前提なので、
学習のポイントを抑えることができれば誰にでもチャンスがあります。

そのポイントとなる学習方法が「満点を目指さないこと」にあります。
一生懸命勉強しても合格できない人達は主題範囲を絞って勉強ができていなく、
全範囲を網羅しようとしています。
そのため、覚えることが多すぎて頭がオーバーヒートしてしまい、
結局何も覚えられずに不合格になってしまいます。

その原因となっている1つの要因が大手資格学校の満点主義のカリキュラムです。
資格学校の場合、過去問をすべて網羅した分厚いテキストを用意して勉強をすすめています。
ですが、社労士に限らず国家試験の3割は解くことのできない難問ですので、
そもそも勉強しても意味はありません。
にもかかわらず学校側の事情や生徒の要望により満点主義の勉強をしています。

しかし、合格点ギリギリの勉強をしても覚えることがたくさんあるのに、
全範囲勉強していてはいつになっても合格できません。
社労士の試験は基礎問題を9割解けるようになれば合格できるように作られています。
このことを如何に理解できるかが合格の鍵となります。

受験者の心理としてはわからない問題があれば不安になると思いますが、
そこはグッと堪えて、合格点に届くだけの勉強量に取り組んで下さい。


資格の難易度ランキング

難易度S社会保険労務士

今回紹介した5つの資格の中で社会保険労務士(以下社労士)はもっとも、難易度の高い試験です。その背景にある一番のネックは試験範囲の広さにあります。 社労士は、「労働基準法及び労働安全衛生法」、「労働者災害補償保険法」、「雇用保険法」、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」、「健康保険法」、「厚生年金保険法」、「国民年金法」、「労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識」の8科目から構成され… 続きはコチラ

難易度A行政書士

行政書士はいわずと知れた国家資格です。その試験の難易度は、合格率が10%を 下回っています。まずは下記をご覧下さい。 平成15年 2.8% 平成16年 5.3%、 平成17年 2.6%、 平成18年 4.79%、 平成19年 8.64%、 これは過去5年の合格率ですがどの年も厳しい数字となり、平成15・17年度は 2%台です。100人受けて2人程度しか合格できない計算になります。 これが数字でみる行政書士の難易度です… 続きはコチラ

難易度Bファイナンシャルプランナー2級

今回はファイナンシャルプランナー2級(以下FP2級)の難易度について、話を進めて いきます。 何故なら3級もありますが、実際に仕事の現場で使える知識は2級以上で、就職・転職する際に 採用担当者にアピールできるのも2級からです。 それでは難易度を知る上で客観的なデーターとなるFP2級の合格率をみてみます…続きはコチラ

難易度B通関士

通関士は一昔前より試験の難易度が高くなり、合格率は1桁台になります。中略… 上記を見てもわかるように通関士の合格率は数字に開きがあります。 その理由としては平成18年度に試験方式が変更した事で、受験者がその対策しきれなかったことにあります。 ただ、平成20年度にはまた合格率が2桁台になりましたが、 今後は受験者を減らす傾向にあるので、一桁台が続くと予想されます。 …続きはコチラ

難易度B宅建

宅地建物取引士(以下宅建)は知名度の高い国家資格です。では早速、合格率を みてみましょう!中略…合格率は毎年ほど一定で、10人受けて2人も合格できないので、難易度の高い資格と 言ってよいと思います。 ただし宅建の受験者は、働きながら勉強する人が多いので、勉強時間を確保できずしっかりと 受験対策をしてきている人は、思いのほか少ないと感じます。 ですので、合格率は低いですが、まったく宅建の知識がない人でも努力をすれば…続きはコチラ

行政書士の本当の難易度は?

行政書士はいわずと知れた国家資格です。その試験の難易度は、合格率が10%を 下回っています。まずは下記をご覧下さい。

平成21年  9.05%
平成22年  6.60%
平成23年  8.05%
平成24年  9.19%
平成25年 10.10%

上記は過去5年の合格率ですがどの年も厳しい数字となっています。平成17年度には2.6%ということもありました。 これが数字でみる行政書士の難易度です。

しかし実際はこの数字ほどの難易度は感じられません。
その理由は、受験資格と受験者のレベルに関係してきます。
行政書士の受験資格は、国籍、年齢、学歴を問わないので誰でも受験することが 出来ます。

その中には、基礎学力がない人もいれば、しっかりと試験勉強をしていない人達も多くいます。
というよりも合格圏内の実力がある人は全体の1~2割程度で、ほとんどの方は、 合格には程遠いレベルです。
要するに受験者数が多いために合格率は低くなりますが、しっかりと受験対策をすれば、 誰にでも合格のチャンスはあるということです。
大切なのはどのように勉強するかです。

今の行政書士は試験制度が変わり、法的な理解力や思考力を問われる問題にシフトしました。
ただ法律を暗記するのではなく、法律の背景やその意味を理解しながら勉強をしなくてはいけません。

そのために大事なのは教材です。教材は学校で言う先生の役割を果たしますので、自分がどんなに勉強しても教材が悪ければ実力が上がってきません。
逆に言えば教材がしっかりしてさえすれば、合格できる力を 付ける事が出来ます。

行政書士は、まず自分にあった教材を見つけて、実現可能な学習計画を立てる。
ここからはじめてみて下さい。そうすれば1発合格も決して遠くありません。


資格の難易度ランキング

難易度S社会保険労務士

今回紹介した5つの資格の中で社会保険労務士(以下社労士)はもっとも、難易度の高い試験です。その背景にある一番のネックは試験範囲の広さにあります。 社労士は、「労働基準法及び労働安全衛生法」、「労働者災害補償保険法」、「雇用保険法」、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」、「健康保険法」、「厚生年金保険法」、「国民年金法」、「労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識」の8科目から構成され… 続きはコチラ

難易度A行政書士

行政書士はいわずと知れた国家資格です。その試験の難易度は、合格率が10%を 下回っています。まずは下記をご覧下さい。 平成15年 2.8% 、平成16年 5.3%、 平成17年 2.6% 、 平成18年 4.79%、 平成19年 8.64%、 これは過去5年の合格率ですがどの年も厳しい数字となり、平成15・17年度は 2%台です。100人受けて2人程度しか合格できない計算になります。 これが数字でみる行政書士の難易度です… 続きはコチラ

難易度Bファイナンシャルプランナー2級

今回はファイナンシャルプランナー2級(以下FP2級)の難易度について、話を進めて いきます。 何故なら3級もありますが、実際に仕事の現場で使える知識は2級以上で、就職・転職する際に 採用担当者にアピールできるのも2級からです。 それでは難易度を知る上で客観的なデーターとなるFP2級の合格率をみてみます…続きはコチラ

難易度B通関士

通関士は一昔前より試験の難易度が高くなり、合格率は1桁台になります。中略… 上記を見てもわかるように通関士の合格率は数字に開きがあります。 その理由としては平成18年度に試験方式が変更した事で、受験者がその対策しきれなかったことにあります。 ただ、平成20年度にはまた合格率が2桁台になりましたが、 今後は受験者を減らす傾向にあるので、一桁台が続くと予想されます。 …続きはコチラ

難易度B宅建

宅地建物取引士(以下宅建)は知名度の高い国家資格です。では早速、合格率を みてみましょう!中略…合格率は毎年ほど一定で、10人受けて2人も合格できないので、難易度の高い資格と 言ってよいと思います。 ただし宅建の受験者は、働きながら勉強する人が多いので、勉強時間を確保できずしっかりと 受験対策をしてきている人は、思いのほか少ないと感じます。 ですので、合格率は低いですが、まったく宅建の知識がない人でも努力をすれば…続きはコチラ

人気資格の難易度ランキングは?

今回紹介する資格は、行政書士、社会保険労務士、
宅建、ファイナンシャルプランナー、通関士です。
これらの資格を選んだ理由は、働きながら勉強して合格することができ、
しかも仕事の需要がありますので、稼げる可能性が高いからです。
稼ぐことに関しましては別ページで説明しますが、
試験の難易度は今まで法律を学んだ経験がなくても
十分に合格するチャンスがあります。

しかし簡単な試験ではありません。
数多くある資格の中でも難易度は高いほうに分類され、
特に行政書士や社会保険労務士は、
1年近く勉強しても合格できない人達は数多くいます。
勉強時間を確保するのは当然として、
勉強方法も工夫しなくてはいけません。

そこでお勧めするのが通信講座です。
通信講座は、自分の環境に合わせた時間と場所で、
効果的な勉強をすることができるので、
仕事をかかえて忙しい社会人には打って付けです。

また独学では合格するだけの教材が市販に販売されていなく、
効率的に勉強できる方法も わからないため難易度の高い試験には対応できません。
是非これらのことを理解して、受験勉強をして下さい。


資格の難易度ランキング

難易度S社会保険労務士

今回紹介した5つの資格の中で社会保険労務士(以下社労士)はもっとも、難易度の高い試験です。その背景にある一番のネックは試験範囲の広さにあります。 社労士は、「労働基準法及び労働安全衛生法」、「労働者災害補償保険法」、「雇用保険法」、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」、「健康保険法」、「厚生年金保険法」、「国民年金法」、「労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識」の8科目から構成され… 続きはコチラ

難易度A行政書士

行政書士はいわずと知れた国家資格です。その試験の難易度は、合格率が10%を 下回っています。まずは下記をご覧下さい。 平成15年 2.8% 、平成16年 5.3%、 平成17年 2.6% 、 平成18年 4.79%、 平成19年 8.64%、 これは過去5年の合格率ですがどの年も厳しい数字となり、平成15・17年度は 2%台です。100人受けて2人程度しか合格できない計算になります。 これが数字でみる行政書士の難易度です… 続きはコチラ

難易度Bファイナンシャルプランナー2級

今回はファイナンシャルプランナー2級(以下FP2級)の難易度について、話を進めて いきます。 何故なら3級もありますが、実際に仕事の現場で使える知識は2級以上で、就職・転職する際に 採用担当者にアピールできるのも2級からです。 それでは難易度を知る上で客観的なデーターとなるFP2級の合格率をみてみます…続きはコチラ

難易度B通関士

通関士は一昔前より試験の難易度が高くなり、合格率は1桁台になります。中略… 上記を見てもわかるように通関士の合格率は数字に開きがあります。 その理由としては平成18年度に試験方式が変更した事で、受験者がその対策しきれなかったことにあります。 ただ、平成20年度にはまた合格率が2桁台になりましたが、 今後は受験者を減らす傾向にあるので、一桁台が続くと予想されます。 …続きはコチラ

難易度B宅建

宅地建物取引士(以下宅建)は知名度の高い国家資格です。では早速、合格率を みてみましょう!中略…合格率は毎年ほど一定で、10人受けて2人も合格できないので、難易度の高い資格と 言ってよいと思います。 ただし宅建の受験者は、働きながら勉強する人が多いので、勉強時間を確保できずしっかりと 受験対策をしてきている人は、思いのほか少ないと感じます。 ですので、合格率は低いですが、まったく宅建の知識がない人でも努力をすれば…続きはコチラ
なんとなく資格を取ろうと思っているが、どの資格を取れば良いのかわからない。
どうせ取るなら国家資格が良いが、試験に受かる自信がない。
こんな世の中なので、できれば独立できる資格が取りたい。

そんなあなたにはこちらをオススメします!
実用的な資格ばかり扱っていて、合格率はダントツの1位!!
通信講座口コミランキング
フォーサイト

業界初のハイビジョン撮影したDVD講義とフルカラーになっているテキストが話題になり口コミで知名度を上げてきました。又受験者のフォローはもちろん、業界の常識を覆した受講料も人気の秘密!口コミでの評判も他社を上回り口コミランキングNO1となりました。

ユーキャン

CMで抜群の知名度を誇り、わかりやすいテキストと低価格で、通信講座TOP企業にまでなりました。講座数が多く幅広い資格を取得することも出来ます。口コミでの評判は今一でしたが、それでも人気講座であることは間違いありません。

TAC

資格学校として有名で会社は一部上場を果たしています。一般的には会計形の資格や公務員試験に強いとされ通学するなら候補に上げる人も多いと思われます。しかし口コミでの評判は残念ながら悪く今回はランキング3位となりました。

資格の難易度ランキング

行政書士、社会保険労務士、宅建、ファイナンシャルプランナー試験の難易度をランキングに致しました。又各資格の詳しい詳細も説明しています。詳しくはコチラ

稼げる資格ランキング

行政書士、社会保険労務士、宅建、ファイナンシャルプランナーのうちどの資格が一番稼げるかランキングにしています。 又各資格の詳しい年収情報なども盛りだくさん。詳しくはコチラ