あなたにピッタリの資格が見つかる!

過ぎてからでは遅い!時間がある学生時代は勉強に専念すべき

大人になってから振り返ってみると、「何で学生時代にもっとまじめに勉強しなかったんだろう」とひどく後悔の念に駆られる方も、決して少なくないでしょう。
特に大学生の頃には時間がたっぷりあるので、将来に備えてスキルアップを図るチャンス。

「たくさんの資格取得に挑戦し、就職に役立てた」という勤勉な学生がいる一方で、遊んでばかりいた学生は何の資格もスキルもなく就職活動難航・・・なんてケースも良くある話。現役大学生の方は、ぜひ、今の時間を無駄にしないでくださいね。

さて、比較的時間のある学生がまずやるべきは「資格取得」です。就職活動のためだけでなく、自分の興味関心を深く学び、そのスキルレベルの証明として「資格」を取っておくと、先々何かと便利だと思います。学生であれば宅建やFP、簿記といった、比較的初心者でも目指しやすい資格を目標にするのが得策。特にFPや簿記は、3級、2級、1級というように段階的にレベルアップしていける資格なのでオススメです。

加えて、「自分の興味関心を知る」「希望の業界について深く学ぶ」ことも、学生時代にやるべき大切なことです。将来どんな場所で活躍したいのか、自分がやりたいことは何か、どのようにスキルアップしていきたいのか等、じっくりと考えてみてください。もちろん、これらは簡単に答えの出る問いではありませんが、「実際に人の話を聞いてみる」「インターンに参加する」「関連書籍を見てみる」等、業界に触れる方法はいくつもあります。

「資格取得」も方法のひとつです。就職を見据えて関連資格の勉強をすると、向き不向きがぼんやりと分かってくることでしょう。実際に資格取得までいくかどうかはさておき、「業界を知る」という意味で、資格の勉強は就職に先立って行うのが良いと感じます。

ですがもちろん、学校の勉強や適度な友達付き合い等、その時にしかできないことも全力で楽しむべきです。自分のやりたいことに没頭しやすい学生時代、悔いや無駄のないよう、エンジョイしてくださいね!

不景気な現代、何があるか分からない だから手に職

さて、前ページでは「主婦でも資格取得を目指すべき」とお話ししましたが、同様に、「会社員でも資格取得が当たり前」とも言うことができます。

第一に、現代は「会社員であっても終身雇用が保障されている時代ではない」ことが挙げられます。ここ数年の不況を受け、上場企業でも整理解雇が行われている時代です。2015年、東芝では半導体事業で大幅な人員再配置と早期退職優遇が進められ、その規模1,200名との発表がありました。

また、シャープでは全社員の約13%にあたる3,234名を超大規模リストラ、ソニーでもモバイル部門で2,100名のリストラが進められる予定との公表がありました。このように、解雇はもはや中小零細企業のみの話ではなく、日本を代表する企業でもザクザクと進められていることが分かります。“明日は我が身”かもしれません。

こうした背景を受け、会社員であってもその立場に甘んじることなく、資格取得を通じて新たに稼げるスキルを習得しておくべきであることは言うまでもありません。備えあれば憂いなし、です。たとえ今現在転職する考えがなくとも、万が一の時にいつでもスキルチェンジができるよう準備をしておかなければなりません。

ちなみに、会社員が目指す資格候補として挙げられるのは、「行政書士」や「社会保険労務士」といった独立開業できる士業で比較的目指しやすいレベル、が断トツの人気です。これらは法律系の資格ではありますが、初学者からのスタートでも合格が狙いやすい、税理士や司法書士等と比べれば難易度が抑えられている、といった理由から、仕事をしながら挑戦する会社員が多いようです。

加えて、現在のキャリアと絡めて「通関士」、実生活にも役立つ「FP」等も根強い人気を誇ります。いずれも、実務経験や興味関心の延長で目指せて、いざという時に転職に役立つ実務系資格。取得しておけば安心ですね。

今や、会社員でも資格取得が基本です。アフターファイブは飲み屋、ではなく、来たるべき時に備えて机に向かってみてはいかがでしょうか?

夫のリストラ、離婚、アルバイト・パート切り・・主婦の将来は「不安」がいっぱい

最近は、主婦で資格取得を目指すケースが増えているようです。皆さんの周りにも、子育て中で簿記やFPといった資格試験に挑戦するママ、いらっしゃらないでしょうか?

ひと昔前であれば、「主婦になったんだから資格なんて不要」「家族のことだけ考えて、家のことに専念していれば良い」なんて言われていましたが、今はそんな時代ではありません。女性だって結婚後もスキルアップに励むのが当然になってきています。

主婦で資格を取得すべき理由として、何はともあれ「収入の確保につなげるため」といったことが挙げられます。主婦になると、これまで正社員だった方でもパートやアルバイトに転向するケースがとても多いのですが、実はこれ、かなりリスキーであると言えます。
「メインは夫の収入」と思っていたって、この不景気においては突然のリストラだって充分にあり得ます。突然、頼みの綱である夫の収入が見込めなくなったら、どうでしょうか?パートやアルバイト程度の収入で家計を賄えるでしょうか?

加えて、この不況で正社員もリストラの嵐。その前段階として、パートやアルバイトに矛先が向くであろうことは言うまでもありません。ある日突然、「来月いっぱいで終わりにしてほしいんだけど・・・」なんて言われたら、どうしますか?主婦で特に資格やスキルなどなければ、アナタは真っ先にリストラ第一候補です。

さらに、現代は「結婚しているカップルの3組に1組は離婚する時代」。皆さんのお宅が離婚とは無縁であるとは限りません。離婚したら、当然、生活するだけの収入が必要です。お子さんの親権を持つのであれば、なおのこと、しっかり稼げる能力は不可欠ですよね。

というわけで、今時は主婦でも資格取得を狙うのが当たり前。あまり好ましくはありませんが、“万が一のとき”は誰にでも訪れる可能性があります。主婦だって、稼げるに越したことはありません!

モチベーションUPで大切な「学習場所の確保」

資格取得のためのモチベーション維持の方法については、すでにお話しした通り「初心を忘れないこと」にありますが、もうひとつ、重要なポイントを挙げるとするならば「学習場所の確保」にあると言っても過言ではありません。
学習を進めるために、なぜ「場所」という要素が大切なのかと言えば、「場所によって気分転換を図ることが、勉強の進捗を左右することがある」からです。

これについては資格取得の話に限らず、皆さんにも経験があるのではないでしょうか?

学生時代を振り返ってみて下さい。「家ではなかなか試験対策が進まないけれど、イヤイヤでも図書館に足を運んでみると意外にも集中できた」「静かな環境よりも、適度に騒音のあるファストフード店などの方が勉強がはかどる」など、場所に応じて勉強がはかどる・はかどらないといったことは、多少なりともあるのではないでしょうか。
そういった意味では、学習場所の候補は常にいくつか用意しておいて、気分に応じて使い分ける工夫は意外にも重要であると言えるのです。

資格取得のための学習場所について、候補となり得るのは自宅の他、図書館、ファストフード店、ファミリーレストラン、カフェ等でしょう。

ただし、あまり混雑する場所では長時間の学習が認められていなかったり、何となくゆっくりテキストを広げることがはばかられたりするため、注意が必要です。また、図書館でも最近では学習スペースが設けられていない、学生向けに限定されているところもあります。
資格取得に先立ち、まずは自宅近くの他、通勤途中の街や駅等の学習場所候補をチェックされてみてはいかがでしょうか?「勉強しよう」と思い立ち、いざ場所を探そうとしてもなかなかすぐには見つからないもの。事前の準備は必須です。

「時間がない」ではなく「時間は作る」

最近では働きながら資格取得に挑戦する方がぐんと増えていますが、
資格取得を目指す社会人に多いのが、「毎日忙しくてなかなか勉強できない」「学習時間が確保できない」といったお悩みです。

確かに、毎日仕事をしながら、人によっては家事・育児、介護等をもこなしながら、プラスαで資格取得のための勉強に取り組むのはなかなか大変なこと。一日24時間という限られた時間の中で、すべてをこなそうと思えば無理が生じるかもしれません。

しかしながら、本ページを読み進めることで、どんなに忙しい社会人でも最低「一日1時間」は学習時間を捻出できるようになるはずです。それは一体どんな方法なのか、さっそくチェックしてみましょう。

忙しい社会人が注目すべき資格取得のポイントとは、ズバリ「スキマ時間の活用」です。

“スキマ時間”といってもなかなかピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、具体的には「特に何もしないちょっとした時間」のことで、具体的には何となく携帯電話をいじっていたり、目的なくテレビやインターネットを見ていたりする時間がそれにあたります。現代人の生活に生じるスキマ時間については、「一日平均1時間9分」

といった調査結果が明らかになっており、つまりは、どんな方の生活にも一日当たりに概ね1時間程度は何気なく過ごしてしまう時間が生じていると言えるのです。

資格取得を狙う社会人受験生にとっては、こうしたスキマ時間を活用しない手はありません。ちょっとした時間にテキストを読んだり、問題集をチェックしたり等、少しずつでも知識に触れることで学習は確実に前に進みます。一度あたりの学習時間はほんの数分でも、一日1時間程度コンスタントに確保できるならば、試してみる価値は大いにありますよね。1週間、1ヵ月、半年と積み重ねることで、決してバカには出来ない時間数になります。

「時間がないから」と資格取得を諦めるのではなく、忙しい方であればなおさら、「生活のどこに活用できる時間があるか」に目を向けてみましょう。
何事も実現可能な方向で考えることで、一見難しいと思えることであっても意外に出来てしまうものなのです。

なぜ資格取得が重要なのか

資格取得を目指す上では、使用する教材のクオリティやどんな学習法を実践するかについてはもちろんのこと、「モチベーションをいかに維持できるか」が重要になることは言うまでもありません。

教材や学習カリキュラムとして、どんなに完璧なツールが用意されたとしても、実際にそれを活用する人の気持ちが伴わなければ、資格取得のための学習は続きません。学習を続けることが出来なければ、当然のごとく資格取得など実現しませんから、やはり学習の進捗を左右する「モチベーション」といった要素こそが学習の基本であり、最重要の要素となるのです。

それでは、資格取得を目指す上で、私たちはどのようにやる気をキープし得るのでしょうか?月並みではありますが、その答えは「初心を忘れないこと」にあると言えます。

自分自身がなぜ資格取得に注目したのか、どうして辛い勉強を続けているのか、資格取得を果たした末にどんな変化が期待できるのか、将来的にどんな自分になりたいのか等、ご自身が資格取得に挑戦しようと思ったきっかけや当初の志を思い出してみると、おのずとやる気が湧いてくると思います。

モチベーションががくっと下がってしまうタイミングというのはたいてい、勉強に疲れて何のためにそれを続けているのか分からなくなってしまった時。よって、そのタイミングに改めて目的意識や夢、目標を振り返ることは、資格取得を目指す上でとても有意義なことであると言えます。

同時に、適度な気分転換、ご自身へのご褒美など、要所要所で気分をリフレッシュさせる工夫はモチベーション維持を図る上でプラスに作用してくれるはずです。

ご自身の心に左右されるのではなく、むしろ精神面を上手にコントロールしながら資格取得を目指すといった姿勢で頑張ってみましょう。

資格学習の基本その2

このページでは、資格学習の考え方で重要な、完璧に覚えようとしないということを解説していきます。

一般的に物事を完璧に覚えようとすることは、素晴しいと思いますし、大切なことでもあります。
しかし、資格学習で完璧に覚えられる人は限られていますし、それを行なおうとすると、ほとんどの方は挫折していきます。

資格の難易度にもよりますが、少なくてもこのサイトで紹介した資格を完璧に覚えようとすれば、1年や2年で終わる量ではありません。
特に法律関係の資格を完璧に覚えようと思えば、それこそ司法試験に合格するようなものです。

あくまでも、あなたの目的は試験に合格することであって、その資格の知識を完璧に覚える事ではありません。
考えてもわからなければとりあえずおいといて、どんどん先へ進む事が必要ですし、出題範囲に入っている分野でも過去ほとんど出題されないような問題は捨てるべきなのです。

ただ、誤解しないでほしいのでは、適当にやれと言っているわけではありません。
要は、しっかりと学習するところはしっかりとし、捨てるところは思い切って捨てる。
また、考えてわからないところでも、様々な知識を覚えるに連れ、いずれわかってくるので、とりあえず先へ進んでいくことも必要だと言う事です。

多分、資格試験を受験される方の多くは、仕事をしていると思いますので、学習時間は限られます。
そんな限られた時間の中で合格するためには、あれもこれも学習しようとしてはいけないのです。
試験に合格できるレベルと範囲の知識だけを覚えれば良いのです。

最後に言いますが、完璧に覚えようとして、難易度の高い試験に合格できる方は、極一部の天才だけです。


資格の難易度ランキング

難易度S社会保険労務士

今回紹介した5つの資格の中で社会保険労務士(以下社労士)はもっとも、難易度の高い試験です。その背景にある一番のネックは試験範囲の広さにあります。 社労士は、「労働基準法及び労働安全衛生法」、「労働者災害補償保険法」、「雇用保険法」、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」、「健康保険法」、「厚生年金保険法」、「国民年金法」、「労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識」の8科目から構成され... 続きはコチラ

難易度A行政書士

行政書士はいわずと知れた国家資格です。その試験の難易度は、合格率が10%を 下回っています。まずは下記をご覧下さい。
年度 合格率
平成15年 2.8%
平成16年 5.3%
平成17年 2.6%
平成18年 4.79%
平成19年 8.64%
これは過去5年の合格率ですがどの年も厳しい数字となり、平成15・17年度は 2%台です。100人受けて2人程度しか合格できない計算になります。 これが数字でみる行政書士の難易度です... 続きはコチラ

難易度Bファイナンシャルプランナー2級

今回はファイナンシャルプランナー2級(以下FP2級)の難易度について、話を進めて いきます。 何故なら3級もありますが、実際に仕事の現場で使える知識は2級以上で、就職・転職する際に 採用担当者にアピールできるのも2級からです。 それでは難易度を知る上で客観的なデーターとなるFP2級の合格率をみてみます...続きはコチラ

難易度B通関士

通関士は一昔前より試験の難易度が高くなり、合格率は1桁台になります。中略... 上記を見てもわかるように通関士の合格率は数字に開きがあります。 その理由としては平成18年度に試験方式が変更した事で、受験者がその対策しきれなかったことにあります。 ただ、平成20年度にはまた合格率が2桁台になりましたが、 今後は受験者を減らす傾向にあるので、一桁台が続くと予想されます。 ...続きはコチラ

難易度B宅建

宅地建物取引士(以下宅建)は知名度の高い国家資格です。では早速、合格率を みてみましょう!中略...合格率は毎年ほど一定で、10人受けて2人も合格できないので、難易度の高い資格と 言ってよいと思います。 ただし宅建の受験者は、働きながら勉強する人が多いので、勉強時間を確保できずしっかりと 受験対策をしてきている人は、思いのほか少ないと感じます。 ですので、合格率は低いですが、まったく宅建の知識がない人でも努力をすれば...続きはコチラ

資格学習の基本その1

ここから数回に分けて、資格学習の基本を学んでほしいと思います。
資格といっても、様々な種類がありますが、大抵の資格学習の基本は同じですので、是非参考にして下さい。
まず、資格学習で最も重要な事は何かと聞かれれば、迷うことなく過去問(特に国家資格)と答えます。

今回紹介したどれかの資格受験をした方ならわかると思いますが、本試験のベースは過去問となっております。
具体的には、出題範囲がほぼ一緒、出題レベルがほぼ一緒、問題形式が一緒、もっと言ってしまえば、本試験の類似問題が過去問と言うことになります。

もちろん、それにも理由があり、「出題範囲から問題に出来る項目は限られる」「歴代の合格者とレベルを合わせなくてはいけない」などです。
つまり、過去問から大幅にずれた問題を出題させることはできないのです。

ただ、誤解しないでほしいのは、過去問とまったく同じではなく、あくまでも類似問題です。
また、過去問に出題されていないような問題もいくつか出ます。

しかし、そうした問題は対策することは出来ませんし、解けなくても合格基準に達することは十分に可能です。
そのような今まで出題したことのないような問題はわざと解けなくしているので、学習のしようがないとも言えます。

資格学習で大切なのは、毎年出題されているような問題を何度も解いて確実に解けるようにすることです。
あれもこれも手をつけてしまえば、重要な問題が解けなくなります。
とにかく、ここでは過去問が重要だと理解して下さい。


資格の難易度ランキング

難易度S社会保険労務士

今回紹介した5つの資格の中で社会保険労務士(以下社労士)はもっとも、難易度の高い試験です。その背景にある一番のネックは試験範囲の広さにあります。 社労士は、「労働基準法及び労働安全衛生法」、「労働者災害補償保険法」、「雇用保険法」、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」、「健康保険法」、「厚生年金保険法」、「国民年金法」、「労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識」の8科目から構成され... 続きはコチラ

難易度A行政書士

行政書士はいわずと知れた国家資格です。その試験の難易度は、合格率が10%を 下回っています。まずは下記をご覧下さい。
年度 合格率
平成15年 2.8%
平成16年 5.3%
平成17年 2.6%
平成18年 4.79%
平成19年 8.64%
これは過去5年の合格率ですがどの年も厳しい数字となり、平成15・17年度は 2%台です。100人受けて2人程度しか合格できない計算になります。 これが数字でみる行政書士の難易度です... 続きはコチラ

難易度Bファイナンシャルプランナー2級

今回はファイナンシャルプランナー2級(以下FP2級)の難易度について、話を進めて いきます。 何故なら3級もありますが、実際に仕事の現場で使える知識は2級以上で、就職・転職する際に 採用担当者にアピールできるのも2級からです。 それでは難易度を知る上で客観的なデーターとなるFP2級の合格率をみてみます...続きはコチラ

難易度B通関士

通関士は一昔前より試験の難易度が高くなり、合格率は1桁台になります。中略... 上記を見てもわかるように通関士の合格率は数字に開きがあります。 その理由としては平成18年度に試験方式が変更した事で、受験者がその対策しきれなかったことにあります。 ただ、平成20年度にはまた合格率が2桁台になりましたが、 今後は受験者を減らす傾向にあるので、一桁台が続くと予想されます。 ...続きはコチラ

難易度B宅建

宅地建物取引士(以下宅建)は知名度の高い国家資格です。では早速、合格率を みてみましょう!中略...合格率は毎年ほど一定で、10人受けて2人も合格できないので、難易度の高い資格と 言ってよいと思います。 ただし宅建の受験者は、働きながら勉強する人が多いので、勉強時間を確保できずしっかりと 受験対策をしてきている人は、思いのほか少ないと感じます。 ですので、合格率は低いですが、まったく宅建の知識がない人でも努力をすれば...続きはコチラ
なんとなく資格を取ろうと思っているが、どの資格を取れば良いのかわからない。
どうせ取るなら国家資格が良いが、試験に受かる自信がない。
こんな世の中なので、できれば独立できる資格が取りたい。

そんなあなたにはこちらをオススメします!
実用的な資格ばかり扱っていて、合格率はダントツの1位!!
通信講座口コミランキング
フォーサイト

業界初のハイビジョン撮影したDVD講義とフルカラーになっているテキストが話題になり口コミで知名度を上げてきました。又受験者のフォローはもちろん、業界の常識を覆した受講料も人気の秘密!口コミでの評判も他社を上回り口コミランキングNO1となりました。

ユーキャン

CMで抜群の知名度を誇り、わかりやすいテキストと低価格で、通信講座TOP企業にまでなりました。講座数が多く幅広い資格を取得することも出来ます。口コミでの評判は今一でしたが、それでも人気講座であることは間違いありません。

TAC

資格学校として有名で会社は一部上場を果たしています。一般的には会計形の資格や公務員試験に強いとされ通学するなら候補に上げる人も多いと思われます。しかし口コミでの評判は残念ながら悪く今回はランキング3位となりました。

資格の難易度ランキング

行政書士、社会保険労務士、宅建、ファイナンシャルプランナー試験の難易度をランキングに致しました。又各資格の詳しい詳細も説明しています。詳しくはコチラ

稼げる資格ランキング

行政書士、社会保険労務士、宅建、ファイナンシャルプランナーのうちどの資格が一番稼げるかランキングにしています。 又各資格の詳しい年収情報なども盛りだくさん。詳しくはコチラ