通関士は稼げるか?

あなたにピッタリの資格が見つかる!

通関士は稼げるのか?

通関士は、通関業者(流通業・メーカー・貿易会社など)に就職して仕事をしていくことになるので、基本的な年収はその業界や会社の一般的な額になります。
ですので、一概にいくら稼げるということは言えません。

ただ、それでもあえて言うとすれば、
通関士が多い、海運業界の平均年収は700万円台となっています。
(上場企業を対象としている)

また、通関士の資格を持っていてれば、1万円~2万円くらいの資格手当てが
もらえる会社もあるので、年収アップに繋がるとも言えます。

しかし、通関士は独立開業型の資格ではないので、
年収1千万円というような高額な金額を稼ぐ事は難しくなります。

それに、通関士は資格をもっていたからといって、
必ずしも通関士になれるわけではありません。

現に通関士の資格を取得しても半分くらいの方は、
通関士以外の業務に携わっているというデータもあるくらいです。

それでは、通関士の資格を取得しても意味がないかと言うことになりますが、
そんなことはありません。

通関士の資格を取得して通関士以外の仕事をしているという事は、
それだけ様々な業界で役立つ資格とも言えるのです。

現在はグローバル社会となり、大企業でなくても、
海外に進出している企業は数多くあります。

そして、そこでは通関士の知識が必要になり、
資格を持っていれば積極的に採用する企業も少なくありません。

また、通関士は貿易に関する知識が身に付くので、
将来貿易関係の会社を立ち上げるために、通関士の資格を取得するケースもあります。
つまり、例え通関士になれなくても、資格の活用方は様々で、
安定した仕事を手に入れることが出来るのです。
そういった意味で通関士は非常に魅力的な資格と言えます。


稼げる資格ランキング

第1位行政書士

行政書士は今回紹介した5資格の中で一番稼げる資格です。年収1千万円以上稼いでいる 人達は、多く、中には億単位にまでなっている人もいます。そのくらい魅力的で稼げる資格が 行政書士です。 それでは何故行政書士が稼げるのか説明していきます。 まずは仕事内容を理解してください。 行政書士の仕事は、官公庁に提出しなければならない必要な種類を作成して、提出することを 主としています。 例えば… 続きはコチラ

第2位社会保険労務士

社会保険労務士(以下社労士)の平均年収は厚生労働省の発表で400~500万程度だといわれていました。 しかしあくまでも平均ですので、250万しか稼いでいない人もいれば、3000万円も 稼いでいる人もいると聞いたことがあります。 この年収の落差は働き方によって差が出てしまいます。 社労士は、会社に勤務する場合と開業して独立する場合の2通り… 続きはコチラ

第3位ファイナンシャルプランナー2級

ファイナンシャルプランナー(以下FP)は保険関係を中心に銀行や証券会社に必要とされています。特に保険業界では必須といっても良いほどの重要な資格です。 FPは主に会社に属して仕事を行う、企業系FPが多くなりますが、最近では独立系FPも増えています。 年収に関しても… 続きはコチラ

第3位宅建

宅地建物取引士(以下宅建)は不動産を中心として、建設業界、住宅メーカーで、 活用されています。 特に不動産業界では、不動産の売買・貸借において書面を用いて重要事項の説明を顧客にする必要がありますが、これは宅建有資格者の専売特許です。 又不動産業を営む営業所では5人の1人の割合で有資格者を配置しなければいけませんから、 大変重要視されています。そのため毎月… 続きはコチラ

第5位通関士

通関士は、通関業者(流通業・メーカー・貿易会社など)に就職して 仕事をしていくことになるので、基本的な年収はその業界や会社の一般的な額になります。 ですので、一概にいくら稼げるということは言えません。 ただ、それでもあえて言うとすれば、 通関士が多い、海運業界の平均年収は700万円台となっています。… 続きはコチラ

宅地建物取引士は稼げるのか?

宅地建物取引士(以下宅建)は不動産を中心として、建設業界、住宅メーカーで、 活用されています。
特に不動産業界では、不動産の売買・貸借において書面を用いて重要事項の説明を顧客にする必要がありますが、これは宅建有資格者の専売特許です。 又不動産業を営む営業所では5人の1人の割合で有資格者を配置しなければいけませんから、 大変重要視されています。

そのため毎月5千~5万円程度の資格手当てを支給する会社も多く、資格を持っているだけで、 多少なりとも年収のアップにつながります。

しかしそのほとんどが会社に属して活用されるので、年収が1千万円以上稼げる人は、 全体の一握りです。
一昔前までなら、不動産業といえば高額な年収を稼いでいる業界で有名でしたが、 今の時代では中々難しいでしょう!
もちろん独立して開業することも可能ですが、その場合は多額の資金が必要となるので、 普通の人では現実的ではありません。

ちなみにあるサイトが公表していた不動産業の平均年収は500~600万円程度でした。 このデーターの真実味があるかはわかりませんが、たぶんそのくらいだと思います。

では宅建を活用して稼ぐためにはどうすれば良いのでしょうか?
やはり個人の実力アップをしていくしかありません。
抽象的な言い方になりますが、それが現実です。ですがこれは宅建だけにいえることでは、 ありません。どの資格にもどの仕事にも言えることです。
資格を持っているだけで何となく稼げるのでは思ってしまう人が多いのですが、 それは幻想です。自分の努力なしに稼げることはまずありえないと認識することです。

ただし稼ぐチャンスが増えることは確かです。
宅建を取得できれば、仕事の幅が広がり確実に会社からの評価が上がります。
例えばマンションの販売会社ならマンションが売れて、契約書を交わすのは、 有資格者でなければ出来ませんので、これをコツコツ続けていけば会社からの評価が高くなります。

しかも宅建はまだまだ現場で足りていないので、就職・転職にも有利です。
今の会社の給料や待遇に不満があり、もっと条件の良い会社に転職して年収を稼ぐことが出来るかもしれません。又現在仕事がなくて困っていれば、思い切って宅建を取得し、 就職することが出来れば将来年収を上げる礎を作ることも出来ます。

このように色々な考え方、方法があるので、宅建はとても魅力的な資格と言えます。


稼げる資格ランキング

第1位行政書士

行政書士は今回紹介した5資格の中で一番稼げる資格です。年収1千万円以上稼いでいる 人達は、多く、中には億単位にまでなっている人もいます。そのくらい魅力的で稼げる資格が 行政書士です。 それでは何故行政書士が稼げるのか説明していきます。 まずは仕事内容を理解してください。 行政書士の仕事は、官公庁に提出しなければならない必要な種類を作成して、提出することを 主としています。 例えば… 続きはコチラ

第2位社会保険労務士

社会保険労務士(以下社労士)の平均年収は厚生労働省の発表で400~500万程度だといわれていました。 しかしあくまでも平均ですので、250万しか稼いでいない人もいれば、3000万円も 稼いでいる人もいると聞いたことがあります。 この年収の落差は働き方によって差が出てしまいます。 社労士は、会社に勤務する場合と開業して独立する場合の2通り… 続きはコチラ

第3位ファイナンシャルプランナー2級

ファイナンシャルプランナー(以下FP)は保険関係を中心に銀行や証券会社に必要とされています。特に保険業界では必須といっても良いほどの重要な資格です。 FPは主に会社に属して仕事を行う、企業系FPが多くなりますが、最近では独立系FPも増えています。 年収に関しても… 続きはコチラ

第3位宅建

宅地建物取引士(以下宅建)は不動産を中心として、建設業界、住宅メーカーで、 活用されています。 特に不動産業界では、不動産の売買・貸借において書面を用いて重要事項の説明を顧客にする必要がありますが、これは宅建有資格者の専売特許です。 又不動産業を営む営業所では5人の1人の割合で有資格者を配置しなければいけませんから、 大変重要視されています。そのため毎月… 続きはコチラ

第5位通関士

通関士は、通関業者(流通業・メーカー・貿易会社など)に就職して 仕事をしていくことになるので、基本的な年収はその業界や会社の一般的な額になります。 ですので、一概にいくら稼げるということは言えません。 ただ、それでもあえて言うとすれば、 通関士が多い、海運業界の平均年収は700万円台となっています。… 続きはコチラ

ファイナンシャルプランナーは稼げるのか?

ファイナンシャルプランナー(以下FP)は保険関係を中心に銀行や証券会社に必要とされています。特に保険業界では必須といっても良いほどの重要な資格です。

FPは主に会社に属して仕事を行う、企業系FPが多くなりますが、最近では独立系FPも増えています。
年収に関してもその2つの働き方により開きが出ますが、300万円~1000万円といった ところでしょう!ただし1000万円以上稼ぎ出しているFPは、テレビや雑誌に 露出しているごく一部の人で、そのほとんどが一般的な年収だと思います。

しかしまだまだ新しい資格で最近になってその重要度が増してきたので、年月が経てば、今以上に高額な収入を得る人が出てくることは間違いありません。

その理由として考えられるのが、現在の経済不況と関係してきます。
FPの仕事は、顧客の現在の資産状況を分析して、適切なライフプランを提案していきます。 例えば、顧客が住宅を購入したい場合、現在の貯金、収入、その他の資産を考慮して、 頭金はいくらで、毎月の返済額、返済期間、名義などについて専門的な知識を用いて 提案していきます。
特に今、社会問題である不況による給与カットで、住宅ローンが払えない人が 増えています。そのことでFPへの相談が増え、社会的重要度が増してきました。

それだけではありません。今話題になっている年金問題にもFPが求められています。
これから少子高齢化社会になる中で、きちんと年金がもらえるのか誰もが不安なはずです。
そこで国に頼るのではなく、今ある資産を金融商品で運用して老後の資金に当てようとしている人が増えています。FPはお金の専門家ですので、そのことに関しての需要も高くなっています。

細かく言えばまだまだありますが、これからFPという仕事がますます必要となることは 間違いないでしょう!将来性を考えれば今取得するには大変良い資格だと思います。


稼げる資格ランキング

第1位行政書士

行政書士は今回紹介した5資格の中で一番稼げる資格です。年収1千万円以上稼いでいる 人達は、多く、中には億単位にまでなっている人もいます。そのくらい魅力的で稼げる資格が 行政書士です。 それでは何故行政書士が稼げるのか説明していきます。 まずは仕事内容を理解してください。 行政書士の仕事は、官公庁に提出しなければならない必要な種類を作成して、提出することを 主としています。 例えば… 続きはコチラ

第2位社会保険労務士

社会保険労務士(以下社労士)の平均年収は厚生労働省の発表で400~500万程度だといわれていました。 しかしあくまでも平均ですので、250万しか稼いでいない人もいれば、3000万円も 稼いでいる人もいると聞いたことがあります。 この年収の落差は働き方によって差が出てしまいます。 社労士は、会社に勤務する場合と開業して独立する場合の2通り… 続きはコチラ

第3位ファイナンシャルプランナー2級

ファイナンシャルプランナー(以下FP)は保険関係を中心に銀行や証券会社に必要とされています。特に保険業界では必須といっても良いほどの重要な資格です。 FPは主に会社に属して仕事を行う、企業系FPが多くなりますが、最近では独立系FPも増えています。 年収に関しても… 続きはコチラ

第3位宅建

宅地建物取引士(以下宅建)は不動産を中心として、建設業界、住宅メーカーで、 活用されています。 特に不動産業界では、不動産の売買・貸借において書面を用いて重要事項の説明を顧客にする必要がありますが、これは宅建有資格者の専売特許です。 又不動産業を営む営業所では5人の1人の割合で有資格者を配置しなければいけませんから、 大変重要視されています。そのため毎月… 続きはコチラ

第5位通関士

通関士は、通関業者(流通業・メーカー・貿易会社など)に就職して 仕事をしていくことになるので、基本的な年収はその業界や会社の一般的な額になります。 ですので、一概にいくら稼げるということは言えません。 ただ、それでもあえて言うとすれば、 通関士が多い、海運業界の平均年収は700万円台となっています。… 続きはコチラ

社会保険労務士は稼げるのか?

社会保険労務士(以下社労士)の平均年収は厚生労働省の発表で400~500万程度だといわれていました。
しかしあくまでも平均ですので、250万しか稼いでいない人もいれば、3000万円も 稼いでいる人もいます。

この年収の落差は働き方によって差が出てしまいます。
社労士は、会社に勤務する場合と開業して独立する場合の2通りに分かれます。
勤務社労士の場合は、会社の規定に沿って年収が決められるので、いくら本人が 仕事を頑張っても、周りと収入の差をつけるのが難しくなります。
中には本人の努力次第で昇給していける可能性もありますが、この経済不況で企業の 体力が弱っている中では期待できません。

一方で開業社労士は、自分で顧客を獲得し、仕事をこなした分だけ年収が上がりますので、 勤務社労士に比べて稼ぎやすくなります。

どちらの働き方が良いとは一概に言えませんが、社労士はもともと独立開業型の資格で、 その特性を活かすなら開業するほうが良いでしょう。
なぜならば社労士は、自宅で開業できるためほとんど資金がなくても独立できます。
高額の設備投資も必要なく、人件費もかからない、自分自身のペースで仕事をしていけます。

社労士の仕事は保険関係の手続き代行が主としてとらわれがちですが、そうではありません。
専門的な知識を用いての人事、総務関係のコンサルタント業務も大きなウエートを占めます。
就業規則、給与査定の相談、人事教育、人事募集から採用までの適切な提案をしてくことが求められているのです。特に今は派遣切りが話題になったように雇用の多様化により人事関係のニーズが増えています。

これらの仕事は、勤務社労士としてではなく、客観的にみることができる外部の社労士だけです。
これだけ仕事の需要があり成功できるチャンスが多いので、独立しない手はないと思います。

もちろん開業当初からすぐに顧客が獲得できて成功できるわけではありません。
苦労することも多いと思います。しかしいつかその苦労が報われ、会社員では考えられなかった 年収1000万円以上稼げる可能性もあります。

勤務か開業か、どうするかは本人の考え方次第ですが、やりがいのある仕事であることは、 確かです。


稼げる資格ランキング

第1位行政書士

行政書士は今回紹介した5資格の中で一番稼げる資格です。年収1千万円以上稼いでいる 人達は、多く、中には億単位にまでなっている人もいます。そのくらい魅力的で稼げる資格が 行政書士です。 それでは何故行政書士が稼げるのか説明していきます。 まずは仕事内容を理解してください。 行政書士の仕事は、官公庁に提出しなければならない必要な種類を作成して、提出することを 主としています。 例えば… 続きはコチラ

第2位社会保険労務士

社会保険労務士(以下社労士)の平均年収は厚生労働省の発表で400~500万程度だといわれていました。 しかしあくまでも平均ですので、250万しか稼いでいない人もいれば、3000万円も 稼いでいる人もいると聞いたことがあります。 この年収の落差は働き方によって差が出てしまいます。 社労士は、会社に勤務する場合と開業して独立する場合の2通り… 続きはコチラ

第3位ファイナンシャルプランナー2級

ファイナンシャルプランナー(以下FP)は保険関係を中心に銀行や証券会社に必要とされています。特に保険業界では必須といっても良いほどの重要な資格です。 FPは主に会社に属して仕事を行う、企業系FPが多くなりますが、最近では独立系FPも増えています。 年収に関しても… 続きはコチラ

第3位宅建

宅地建物取引士(以下宅建)は不動産を中心として、建設業界、住宅メーカーで、 活用されています。 特に不動産業界では、不動産の売買・貸借において書面を用いて重要事項の説明を顧客にする必要がありますが、これは宅建有資格者の専売特許です。 又不動産業を営む営業所では5人の1人の割合で有資格者を配置しなければいけませんから、 大変重要視されています。そのため毎月… 続きはコチラ

第5位通関士

通関士は、通関業者(流通業・メーカー・貿易会社など)に就職して 仕事をしていくことになるので、基本的な年収はその業界や会社の一般的な額になります。 ですので、一概にいくら稼げるということは言えません。 ただ、それでもあえて言うとすれば、 通関士が多い、海運業界の平均年収は700万円台となっています。… 続きはコチラ

行政書士は稼げるのか?

行政書士は今回紹介した5つの資格の中で一番稼げる資格です。年収1千万円以上稼いでいる 人達が多く、中には億単位にまでなっている人もいます。そのくらい魅力的で稼げる資格が 行政書士です。

それでは何故行政書士が稼げるのか説明していきます。

まずは仕事内容を理解してください。
行政書士の仕事は、官公庁に提出しなければならない必要な種類を作成して、提出することを 主としています。
例えば会社を設立したい場合、飲食店を開業したい場合、車庫証明を申請した場合などです。
その取り扱える書類の数は1万以上あるといわれ、会社・個人など幅広い顧客を対象としています。

この幅広い業種、顧客から仕事を請け負えるのが、行政書士の強みでもあり、稼げる所以でもあります。
他の資格の場合どうしても顧客となるターゲットが絞られます。FPなら金融に興味がある人、 宅建なら不動産を必要としている人、社労士なら企業で労務関係の業務が弱いところとなり、 幅が狭まります。もちろんこれらの資格でもマーケットは十分広いですが、行政書士には敵いません。
しかも書類の中には法律の専門知識が必要な場合や、地方自治体によって書類の作成ポイントも 変わってくるので、行政書士の需要が高くなっています。

しかし決して誰にでも稼げるわけではありません。中には開業してもうまくいかず廃業してしまった人もいます。食うか食えないかの収入しかない人もいるはずです。
ですが、世の中にある資格で、取得しただけでお金がじゃんじゃん入ってくることはありません。
弁護士にしたって、生活するのにギリギリな人達もたくさんいます。医者にしても安月給で 重労働をさせられているとメディアで取り上げられています。

要は稼げるか稼げないかは本人の努力次第ですが、行政書士は他の資格に比べて稼げる可能性が 高いということは言えます。

現在、何をして良いかわからない、将来に向けて何か強みになる資格を取得したいと思い、具体的な目標がない方は、行政書士を目指して見るのも一つの手だと思います。


稼げる資格ランキング

第1位行政書士

行政書士は今回紹介した5資格の中で一番稼げる資格です。年収1千万円以上稼いでいる 人達は、多く、中には億単位にまでなっている人もいます。そのくらい魅力的で稼げる資格が 行政書士です。 それでは何故行政書士が稼げるのか説明していきます。 まずは仕事内容を理解してください。 行政書士の仕事は、官公庁に提出しなければならない必要な種類を作成して、提出することを 主としています。 例えば… 続きはコチラ

第2位社会保険労務士

社会保険労務士(以下社労士)の平均年収は厚生労働省の発表で400~500万程度だといわれていました。 しかしあくまでも平均ですので、250万しか稼いでいない人もいれば、3000万円も 稼いでいる人もいると聞いたことがあります。 この年収の落差は働き方によって差が出てしまいます。 社労士は、会社に勤務する場合と開業して独立する場合の2通り… 続きはコチラ

第3位ファイナンシャルプランナー2級

ファイナンシャルプランナー(以下FP)は保険関係を中心に銀行や証券会社に必要とされています。特に保険業界では必須といっても良いほどの重要な資格です。 FPは主に会社に属して仕事を行う、企業系FPが多くなりますが、最近では独立系FPも増えています。 年収に関しても… 続きはコチラ

第3位宅建

宅地建物取引士(以下宅建)は不動産を中心として、建設業界、住宅メーカーで、 活用されています。 特に不動産業界では、不動産の売買・貸借において書面を用いて重要事項の説明を顧客にする必要がありますが、これは宅建有資格者の専売特許です。 又不動産業を営む営業所では5人の1人の割合で有資格者を配置しなければいけませんから、 大変重要視されています。そのため毎月… 続きはコチラ

第5位通関士

通関士は、通関業者(流通業・メーカー・貿易会社など)に就職して 仕事をしていくことになるので、基本的な年収はその業界や会社の一般的な額になります。 ですので、一概にいくら稼げるということは言えません。 ただ、それでもあえて言うとすれば、 通関士が多い、海運業界の平均年収は700万円台となっています。… 続きはコチラ

稼げる資格ランキング

このページでは、行政書士、社会保険労務士、
宅建、ファイナンシャルプランナーの4つで
稼げる資格をランキングにしました。
これらの資格の特徴は、行政書士、社会保険労務士は独立開業型で、
宅建、ファイナンシャルプランナー・通関士は
就職・転職に有利な資格となります。

独立開業型の資格は、自宅を事務所として開業できるので、
資金がなくても仕事をはじめることができます。
サラリーマンの時のように嫌な上司や同僚との人間関係に悩むことはなく、
自分のペースで仕事ができ、仕事をした分だけ自分の収入に跳ね返ってきます。
成功者であれば、年収1000万円以上貰っていて、
中には1億以上もらってる人もいると聞きます。
もちろん全て自分の責任で仕事をすることになるので、
顧客を獲得できなければ収入を得ることは出来ません。

しかし例え会社員であってもいつリストラに合うかわかりませんし、
容赦なく給料がカットされる時代です。
別ページでお話しましたがこの時代会社に頼っていては、
将来のライフ設計は 描けません。
何処にいってどんな状況になっても仕事をしていける実力を身に付ける
必要があります。
そのためには行政書士や社会保険労務士のような独立開業型の資格は、
とても有効です。

次は就職・転職する際に有利になる
宅建・ファイナンシャルプランナー・通関士です。
細かな説明は、詳細ページでしますが、
これらの資格は宅建なら不動産、ファイナンシャルプランなら金融・ 保険業界、通関士なら流通業・貿易関係に必要不可欠となります。

現在働いている会社の待遇が悪かったり、
リストラにあった場合でも就職・転職に有利になり、
会社によっては資格を持っているだけで採用してくれるところもあります。
つまり資格を持っていれば業界で活躍できるチャンスが増えるということです。
独立するのはちょっと自身がないと感じていればこの資格はオススメです。


稼げる資格ランキング

第1位行政書士

行政書士は今回紹介した5資格の中で一番稼げる資格です。年収1千万円以上稼いでいる 人達は、多く、中には億単位にまでなっている人もいます。そのくらい魅力的で稼げる資格が 行政書士です。 それでは何故行政書士が稼げるのか説明していきます。 まずは仕事内容を理解してください。 行政書士の仕事は、官公庁に提出しなければならない必要な種類を作成して、提出することを 主としています。 例えば… 続きはコチラ

第2位社会保険労務士

社会保険労務士(以下社労士)の平均年収は厚生労働省の発表で400~500万程度だといわれていました。 しかしあくまでも平均ですので、250万しか稼いでいない人もいれば、3000万円も 稼いでいる人もいると聞いたことがあります。 この年収の落差は働き方によって差が出てしまいます。 社労士は、会社に勤務する場合と開業して独立する場合の2通り… 続きはコチラ

第3位ファイナンシャルプランナー2級

ファイナンシャルプランナー(以下FP)は保険関係を中心に銀行や証券会社に必要とされています。特に保険業界では必須といっても良いほどの重要な資格です。 FPは主に会社に属して仕事を行う、企業系FPが多くなりますが、最近では独立系FPも増えています。 年収に関しても… 続きはコチラ

第3位宅建

宅地建物取引士(以下宅建)は不動産を中心として、建設業界、住宅メーカーで、 活用されています。 特に不動産業界では、不動産の売買・貸借において書面を用いて重要事項の説明を顧客にする必要がありますが、これは宅建有資格者の専売特許です。 又不動産業を営む営業所では5人の1人の割合で有資格者を配置しなければいけませんから、 大変重要視されています。そのため毎月… 続きはコチラ

第5位通関士

通関士は、通関業者(流通業・メーカー・貿易会社など)に就職して 仕事をしていくことになるので、基本的な年収はその業界や会社の一般的な額になります。 ですので、一概にいくら稼げるということは言えません。 ただ、それでもあえて言うとすれば、 通関士が多い、海運業界の平均年収は700万円台となっています。… 続きはコチラ
なんとなく資格を取ろうと思っているが、どの資格を取れば良いのかわからない。
どうせ取るなら国家資格が良いが、試験に受かる自信がない。
こんな世の中なので、できれば独立できる資格が取りたい。

そんなあなたにはこちらをオススメします!
実用的な資格ばかり扱っていて、合格率はダントツの1位!!
通信講座口コミランキング
フォーサイト

業界初のハイビジョン撮影したDVD講義とフルカラーになっているテキストが話題になり口コミで知名度を上げてきました。又受験者のフォローはもちろん、業界の常識を覆した受講料も人気の秘密!口コミでの評判も他社を上回り口コミランキングNO1となりました。

ユーキャン

CMで抜群の知名度を誇り、わかりやすいテキストと低価格で、通信講座TOP企業にまでなりました。講座数が多く幅広い資格を取得することも出来ます。口コミでの評判は今一でしたが、それでも人気講座であることは間違いありません。

TAC

資格学校として有名で会社は一部上場を果たしています。一般的には会計形の資格や公務員試験に強いとされ通学するなら候補に上げる人も多いと思われます。しかし口コミでの評判は残念ながら悪く今回はランキング3位となりました。

資格の難易度ランキング

行政書士、社会保険労務士、宅建、ファイナンシャルプランナー試験の難易度をランキングに致しました。又各資格の詳しい詳細も説明しています。詳しくはコチラ

稼げる資格ランキング

行政書士、社会保険労務士、宅建、ファイナンシャルプランナーのうちどの資格が一番稼げるかランキングにしています。 又各資格の詳しい年収情報なども盛りだくさん。詳しくはコチラ